TTCW02 外部スピーカ端子追加

モールス練習機「TTCW02」に外部スピーカ用の端子を追加してみた。

使ったのは、3.5mmのモノラルジャック(スイッチ付き)。秋月で扱っているもので、MJ-355という型番。

穴のサイズは6mmでピッタリ。それは良いのだけど、見事にドリルの歯を滑らせてしまいパネルに傷が…。写真だとハッキリわかってしまうが、実際にはそれほどでもないのだけど。

一応、回路図にしておくとこんな感じ。スピーカの配線を途中でちょん切って、間にジャックを挟んだ格好。外部スピーカのプラグを挿すと、内部スピーカは切り離される。

通常の使用では外部スピーカはいらないと思うけど、それなりの外部スピーカを使うとかなりの音量が得られるのでデモンストレーションとか大勢に聞いてもらうような場合には良いかも。


【補足】

このモノラルジャック、ステレオプラグを挿すと、RとGNDがショートする。

そのため、100円ショップで見かけるこういうスピーカをつなぐと音が出ない。

多分、ステレオ機器につないでも両chの音が聞こえるようにミックスしているんだろうが、これを上のモノラルジャックに挿すとR-chがGNDに落ちてしまうため、まともに動かない。

ちなみに、中はこうなっている。

これを見ると、単にスピーカユニットに線がつながっているだけなので、プラグ側にミックス機構があるのだろう。と言っても、せいぜい、抵抗を噛ませてつないでいるくらいだろうけど。ひょっとしたら、単にLとRをパラにつないでいるだけだったりして。

下のようなモノラルプラグのスピーカなら、問題ない。

スポンサーリンク
スポンサーリンク